2019年07月13日

(1)キャラの活かしに情熱を燃やす男

ウルトラセブンといえば、キル星人の操る恐竜戦車と戦った際、キャタピラの前にいい感じに前腕部を差し出し、妙な間を取ったあげく踏まれて痛がるという「押すなよー、押すなよー」で有名な竜ちゃんのネタフリそっくりの動きをしたことで知られています。

このときのセブンの場合は「踏むなよー、踏むなよー」で、パントマイムではありましたが、踏まれた後の「訴えるぞ!」に至るまで竜ちゃんばりの笑いを誘うリアクションを展開し、かなりのエンターテイナーであることが知られています。

700キロを突っ走れ!

ちなみに恐竜戦車というのはその名のとおり、キャタピラの上に恐竜が乗っかっているだけという斬新なコンセプトの怪獣です。
キャタピラを降りると普通の恐竜になってしまうので、自分が立つとキャラが立たなくなる設定ありきの芸風です。

でもこういうキャラは、「キャラ崩しキャラ」とでもいうネタが確立すると面白くなります。

たとえば、常識的なコメントをしてしまったことを指摘され「いや・・俺はワイルドだぜぇ」と押され気味に否定するスギちゃん。

大網あたりの土地勘に関するフリに反応して「千葉出身じゃないの?」と問われて「いえ・・こりん星から来ました」と言い張るゆうこりん。

キャラが崩壊してることを逆手に取った設定へのこだわりは、決まると定番ネタとして笑いを取れます。

恐竜戦車も、カメラから切れているアングルでこっそりキャタピラから降りかけたところを「あ、恐竜になってる!」と突っ込まれた瞬間、足を地面から離し「イヤ降りてねえし!」とうそぶくキャラとしてネタの幅を広げられそうです。

しかし、セブンとの戦いは初登場ですから、まだキャラを崩すと設定が浸透しません。
最初はとにかく設定に沿ったキャラで通すべきです。

だからこの時は最初から最後まで、キャタピラから降りない台本を徹底し、恐竜戦車も設定を厳守していますから、その中で場を切り回すのはもっぱらセブンの役割です。

そう、セブンは芸術家肌で、徹底的に台本を作りこみ、場作りにもこだわるタイプだったのです。
posted by 四緑文鳥 at 18:08| 一匹狼的上司のウルトラセブン | 更新情報をチェックする

2019年07月14日

(2)オンエア前のテンション上げを担うカプセル怪獣

現在活躍しているお笑い芸人には、「前説」という仕事を経験した人が多いといいます。

前説とは、会場に一般の観客を入れる催しで、司会者などが番組を進行しやすいよう、拍手のタイミングや諸注意などを説明しつつ、観客の気持ちをまとめて、番組に適切なテンションに上げておくトークを担当するといった役割でしょうか。

10秒で人の心をつかむ話し方――「前説」のプロが教える声・表情・姿勢

観客は、会場へ来るまでに十人十色な個人事情を抱えており、そのバラバラな気持ちのまま客席に座ります。

初めてテレビ番組の会場に来て緊張している人
待ち合わせ相手が遅れたため食事ができずにお腹を空かせている人
食べたばかりで少し眠い人
会社には体調不良と嘘を言って来ているからカメラに映りこむことを警戒している人


そんなまとまらないメンバーたちは、番組を作ろうと気持ちをひとつにしているスタッフや出演者にとっては、不協和音以外の何物でもない。

それをまとめる役割が、司会者一人の肩にのしかかるのは、あまりにも負担が大きい。
コントロールしきれない可能性もあるでしょう。

それに、製作スタッフによる収録中(生放送中)の注意事項はどうせ必要なのだから、それを真面目くさった説明でしらけさせたり、高圧的な態度で接して、萎縮させたり反感を買うような言い方はしないほうがよい。

特に、楽しむ番組の場合は、注意事項説明も楽しい感じで客を誘導するのが効率も良い。

駆け出しの芸人が客あしらいの修行をするにもよく、すでにあしらいが上手いのならば、そのアピールの場としても前説は適切です。


それで、前説をする側の話ですが、当然のことながら、客の気分を下げてはいけません。

だからといって、自分のネタをゴリ押しして、あまりにウケすぎてしまうのも考えものです。


メインの司会者やキャストを喰うほど、前説の若手が客の気持ちを握ってしまっては、今度は出演者やスタッフからの好感度が下がってしまうリスクがある。
今後の仕事にも差し支えるでしょうから、ほどほどにしなければならない。

それでいて、客の気持ちだけをアゲて、これから始まる番組へ集中させたところで、舞台からサッとはけなくてはならない。

前説とは、気持ちのつかみ方、引き回し方、自身の引き際などの高度な技術が要求される、想像以上に難しい仕事です。

それが、カプセル怪獣の役割だったわけです。

セブンの敵を、自分が倒してはいけない。

かといって、全く歯が立たないようでは仕事にならない。


カプセル怪獣には、良い感じに会場を温めておく、極めてファジーな、空気を読み切る能力が要求されます。

芸術家肌で、とにかく台本を作りこむセブンの下で働き続けた彼らへのプレッシャーは、かなりのものだったことが想像されます。

posted by 四緑文鳥 at 10:55| 一匹狼的上司のウルトラセブン | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

(3)盛り上げすぎてはいけないカプセル怪獣

ウルトラセブンにカプセル怪獣が登場した回数は、さほど多くありません。
というか、数えるほどしか登場しません。

カプセル怪獣を知っている人が読んでる前提で、ここまで説明抜きで書いてきましたが、一応簡単に述べておきます。

私が小学生時代に得た情報では、カプセル怪獣とはウルトラセブンのペットだと紹介されていました。

故郷・ウルトラの星では、セブンはこれらのペットと遊んだりしているようなのですが、地球での過ごし方は当然それとは異なります。

主に、モロボシダンがウルトラセブンに変身できないときに、ダンに代わって敵と戦う存在として活躍の場が設けられています。

「ペット」と呼ぶにはあまりにも過酷な気がしますが、ところ変われば役割も変わるということなのでしょう。

ちなみに、アーケードゲームで「ウルトラマン」が開発され、ゲームセンターに置かれていた時期があり、その続編で「ウルトラセブン」が登場しました。

ウルトラセブン

私は2つともゲームセンターでプレイしましたが、両者の造りで最も違うのが「ウルトラセブン」では、セブンの前にカプセル怪獣を登場させる選択が可能な点です。

この場合、プレイヤーは最初にカプセル怪獣として敵と戦い、負わせたダメージを引き継いだまま、やや有利な状態でセブンとして戦えるメリットがあります。

とはいってもカプセル怪獣は弱く、戦闘時間も短いため敵を倒し切ることはできません。
上手なプレイヤーでも、敵の体力を少し削るのが精一杯です。

私は下手だったので、敵の自然回復を上回るダメージを負わせられず、結局、セブン登場時には敵の体力は満タン状態に戻っていました。
これでは、何のためのカプセル怪獣投入だったか分かりません。

念のため、ユーチューブのTAS動画で「カプセル怪獣で敵を倒し切る」というものを探しましたが見つかりません。

やはりそれは不可能なようです。

前説で満足して客が帰ってしまうようなものだからでしょう。

カプセル怪獣に『活躍しすぎ』は禁物。
でも、活躍できなければ『存在の意味無し』の烙印を押されてしまうのです。
posted by 四緑文鳥 at 11:26| 一匹狼的上司のウルトラセブン | 更新情報をチェックする