2019年08月04日

(法螺を)吹くな!イデ

科学特捜隊が誇る重火器「マルス133」はスペシウム光線と同じ威力を持つといいます。

医薬品は、その効果効能を謳ってはいけないことになっていますが、武器に関してそれは適用されないのでしょう。

 
しかし「スペシウム光線と同じ威力」とは、ずいぶん大きく出たものです。

スペシウム光線の火力を、正確に測定できたのでしょうか?

 
正確な測定のためには、詳しく知らなければならない情報が大量にあります。

 
爆殺された怪獣の死因が、内臓破壊を起こしたためなのか、神経毒的な全身機能の停止なのか、はたまたショック死なのか・・

光線の素材や化学変化などを正しく知るのは至難の業ではないかと思います。

 
菊池秀行さんが描く「魔界都市」シリーズに登場するドクター・メフィストは、得体の知れない敵が放った技を、初見であるにもかかわらず見事に処理します。

シャドー“X”―魔界都市ブルース (ノン・ノベル)

 
その方法は「とりあえず喰らってみて分析する」という、とんでもないパワープレイです。

戦闘が始まってから『被弾 ⇒ 崩壊 ⇒ 解析 ⇒ 復活』と、この『復活』の時には解を導き終えていて、いざ反撃、という超スピードの対応です。
 
科特隊にそんなスタッフがいた形跡はありません。

 ちなみに次作のウルトラセブンでは、ガッツ星人によって磔に固定されて処刑を待つだけとなったセブンから、ウルトラ警備隊に謎の怪電波の形でビームエネルギーの質と、その強度を測るために使う素材までが詳細に指定されました。

セブン暗殺計画(後編)

 
これなら、素材さえ手に入れれば、仕様書が出来上がっているようなものなので、その通り実行すればウルトラビームが作り出せます(が、なぜかその後ウルトラ警備隊はそれを再現していません)。

ひょっとして、ウルトラマンも新兵器の開発に協力していたのでしょうか。

連続ドラマW 下町ロケット [DVD]


なにせ、株式会社M78の、地球支店開設間もない頃です。

零細ベンチャーでは、何でも有り的な空気感が、比較的漂いがちです。
なりふり構ってはいられませんから・・。

ウルトラマン、ひょっとして人間にも当てていたかも。

光の矢を1本だけ出して人間に当て、その後マルスを当てて、感触を訊くとか・・

まさかね・・

しかし、ウルトラセブンは、ビラ星人に操られていたユカワ博士の頭部にエメリウム光線を当てましたが、そんな大事件がなぜか全く取り沙汰されていない。

X-PLUS ガレージトイ 消された時間 宇宙蝦人間 ビラ星人 完成品スタチュー (絶版)

これは、前例があるのでそんなに騒ぐことはないということの傍証かもしれません。

とはいえ、マルス133の性能については、ちょっと眉唾物です。

発明したイデ隊員の奥さんに訊いてみて、彼の虚言レベルを判断するのが良いかもしれません。

あるいは、両方喰らって生きていたゼットンに訊いてみるのも良いでしょう。

HHCB ウルトラマン (Cタイプ) & 宇宙恐竜ゼットン

ということはやはり、一番良いのはイデ隊員とゼットンを結婚させてみることだと思います。

これならすべてが詳らかになること請け合いです。
posted by 四緑文鳥 at 20:51| Comment(0) | 知られざるM78の労働実態 | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

ウルトラ記事の裏側

「知られざるM78の労働実態」の記事を読んだ人から質問されたことがあります。

「仕事中に、ああいうことを考えているのですか?」


ビジネス現場になぞらえた、皮肉と揶揄いっぱいの文章は、やはり仕事中に作っているのかという問いですが、私は仕事中は徹底して頭が仕事モードになるタチで、ああいうことは全く考えていません。

昼休みなどの休憩中にも、データベースのトリセツ(本編)の記事のネタは考えますが、この「番外編」のことはほぼ頭にないと言って良いでしょう。
データベースのトリセツ | 人間関係はITで改善できるか
ただ、本編も番外編も、職場で生じる人間関係と、関係が生じる職場環境をテーマにしているので、一般論寄りに書いたのが本編で、人物を特定して書いているのが番外編なわけで、表裏一体なのかもしれません。

ちなみに、私が書く記事に登場するウルトラシリーズの各種数値やエピソードは、ほぼ記憶頼りです。

文献名が不明なものもあり、ウルトラマンエースの頭の穴について記されている言い訳のような説明など、その本を立ち読みした書店と、店内のどの位置に置かれていたかは覚えているのですが、書名は全く覚えていません。小学何年生の時に読んだのかもあやふやです。
(13)本社指定の技など要らぬ: データベースのトリセツ番外編(完全版w)
しかし、人間模様を主体に展開するつもりの記事なので、ある程度ニュアンスに統一感があれば良いかなと割り切っています。

エースの頭の穴のエピソードも、デザインの正当性を後から説明している感じが、張り切って考えた机上の空論を正当化している現場無視の企画室みたいで面白いので、企業内の一風景として展開してみました。

宮仕えする人間は、組織の性格によって善悪定かならぬ行動や言動をしてしまうところが、こういった記事を書くときの引き出しの多さにつながるのですね。
posted by 四緑文鳥 at 17:24| Comment(0) | 知られざるM78の労働実態 | 更新情報をチェックする