2020年12月16日

国家公務員が職務上で『勇者』を命じられた場合の推測

真面目なことを書くはてなブログじゃなく、ふざけているこっちのブログで紹介するほうが自然だなと思い立ち、今さらながら記事にします。

10月の初めからライブドアブログで 【公的勇者】ソーサリー主人公が高卒公務員だった場合 というプレイ日記風の小説的なものを書いています。

これは、「68さんと今頃ソーサリー」という記事の中でふれている「スティーブジャクソンのソーサリー」という書籍版RPGを、私が小説タッチで進めていくものです。

魔法使いの丘‾ソーサリー (1)

大魔王の野望を阻止すべく冒険の旅に出る主人公が、国家公務員だったらどんな経緯でその話が持ち上がり、猫の首に鈴を付ける役目を誰に押し付けるのか?

すべての責任を丸投げされたあげく、助けを求めるヘルプサインをも無視された現場の職員は、どうやってモチベーションを保って困難に立ち向かうのか?

そんな状況でも淡々と戦闘し、魔法呪文を使い、情報を集めて謎を解きつつ前進する『業務』に従事する一人の公僕。

私の勝手な創作が盛られた「ソーサリー第1巻 魔法使いの丘」をお楽しみいただければと思います。

出発までの「上級官僚と政府の黒いつながり」のとばっちりの部分から読みたい方は、どうぞこちらから
国の事業の裏側(出発前) : 【公的勇者】ソーサリー主人公が高卒公務員だった場合

冒険(ゲームプレイ)開始の部分から読みたい方は、どうぞこちらからご覧ください。
1日目(5月26日) : 【公的勇者】ソーサリー主人公が高卒公務員だった場合
posted by 四緑文鳥 at 13:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください