2020年04月20日

第6稿 お前が俺の席までやってこい!

<簡単な説明>

水戸黄門のシリーズ史上最強の呼び名の高い「鉄羅漢玄竜」は、第5部に登場します。

玄竜は助さん格さんと互角に戦うだけでなく、忍者なので弥七とも平気で渡り合う
組織的戦法を用い、最後の大作戦では弥七から戦意を奪ったほどのツワモノです。

(この第5部のことをもう少し詳しく知りたい方は「水戸黄門史上、最も空気の読めなかった男とは?(1)」をご覧ください)

・・が、惜しい! もうちょっとだったのに・・

柘植久慶さんの人気作『逆撃シリーズ』の御厨太郎なら、玄竜に味方して水戸老公一行の牙城を崩せるのではなかろうか?

これは、そんな空想から生まれた随筆です。ここから読んだ方は是非初回からご覧ください。

第1稿 逆撃シリーズで水戸黄門最強の敵・鉄羅漢玄竜を勝たせてみよう: データベースのトリセツ(絶対的番外編)

水戸老公一行を閉じ込めた牢屋の爆破地点から、玄竜が弥七を足止めにかかる地点までの距離が長ければ長いほど、同心円の円周が長くなる。 

円周=半径×2×円周率(ここでは3とします)

半径0.5km ⇒ 3km  

半径3.0km ⇒ 18km  


この大きさの円の中が索敵対象になるので、それを面積にしてみます。


面積=半径×半径×円周率

半径0.5km ⇒ 面積0.75㎢(東京ドームおよそ16個分)

半径3.0km ⇒ 面積27㎢(東京ドームおよそ574個分)


いくらなんでも索敵範囲が広すぎる。
相手がよほど大きな物体ならばともかく、ここで探し求めるのは等身大の人間ひとり。
 
艦これアーケード 【索敵↑】No.266 翔鶴改二甲


「坂の上の雲」の中で読んだ記憶があるのですが、日露戦争でヨーロッパから回航してくるバルチック艦隊を逃がさぬために、秋山真之が採った哨戒作戦では、対馬海域を碁盤の目のように仕切って、百艘以上の艦船を巡回させたそうです。(何巻の記述だったか探したのですが、ちょっと見つかりません)

 

玄竜のこの作戦の場合、それに比べたら範囲は狭いとはいえ、遠目の利く部下が数十人規模で必要になるでしょう。

しかもそれだけでは不十分で、弥七発見の一報が玄竜の元に届くまでの伝達速度も要求されます。

 

何よりも重視しなければならないのは、現場へ急行する玄竜のスタミナ維持です。

全力で走り、ヘバった状態で弥七と遭遇したら、足止めのための戦闘が上手くいきません。

 なぜオレは.PNG

いくら玄竜が強いからと言って、その戦術的なコンピタンスだけを頼りにするようでは、戦いに勝つことはできないでしょう。

なんといっても水戸老公一味を退治する一大作戦ですから、しっかりした戦略を立て、効果的に実施されるための仕組みを調えなければ、水戸のジジイは決してくたばりません。
 

「弥七はこの方面からしか接近しない」という状況を作り上げるのが戦略的思考の第一歩。
さらに「その際の使用ルートはこことここしかない」とポイントを絞っておいて、そのうえで虚実を取り交ぜた罠を設ける。

警戒させて迂回を促しつつ、逆に玄竜はできるだけ移動を抑えてスタミナを温存する。
弥七を奔命に疲れさせる策の併用がとにかく重要です。


逆撃シリーズの主人公・御厨太郎なら、当然ここにも着目し、あらかじめ周辺を踏破して地形を把握し、途中に人家などの生活圏が存在すれば、その有効活用についても十分な検討をするでしょう。
posted by 四緑文鳥 at 07:30| Comment(0) | 妥当!水戸のおせっかいジジイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください