2020年04月20日

第5稿 無茶な命令にはやり返せ。倍返しだ!

<この記事カテゴリの簡単な説明>
水戸黄門シリーズ史上最強の敵「鉄羅漢玄竜」は、老公一行を絶体絶命のピンチに陥れます。

助さん格さんとは互角、弥七とは忍術で堂々たる戦いを展開し、優れたリーダーでもあったツワモノですが、あと一歩のところで水戸のジジイを仕留めそこなった(惜しい!)。

しかし、柘植久慶さんの人気作『逆撃シリーズ』の主人公・御厨太郎なら、玄竜を勝たせることができるのでは?
そんな空想を記事にしました(初回掲載はこちら)。

第1稿 逆撃シリーズで水戸黄門最強の敵・鉄羅漢玄竜を勝たせてみよう: データベースのトリセツ(絶対的番外編)

導火線に着火後、可能な限りじっくり時間をかけて異常の有無を見張ったであろう部下たちとは逆に、親玉である玄竜は、おそらく着火と同時に弥七との勝負を切り上げたでしょう。

 
時代劇 侍シリーズ 1/6 風車の弥七&霞のお新



長引くと自分がやられる危険性も増すので、確実に勝てそうなら仕留めにかかるでしょうが、そうでなければ戦闘は早々に終わらせたほうがよい。

「イイ感じ(⤴)だからもうあと5秒だけ、稼いじゃおうかな♪」

みたいなことをチマチマやっていたとは到底考えられません。

フリーにしても10分では爆破地点に辿りつけない距離に弥七を釘付けすること。

それがこの作戦上の「有効な足止め」という業務にあたります。

緻密な計算とタイムスケジュールの策定、メンバー各自への行動の割り当てと連絡体制の徹底など、精度は高く、責任も重いミッションでした。

半沢直樹 -ディレクターズカット版- Blu-ray BOX(通帳型メモ帳付き)(初回限定生産)


老公と姫の抹殺を命じてきた城代家老に、玄竜がこの作戦計画を話したかどうかはわかりません。

もし話したとしても、秘密厳守が絶対の作戦ですから、詳細はぼやかしたことでしょう。

だからといって、詳細を知らないのをいいことに好き放題言われたら、さすがの玄竜もイラッと来るでしょうね。

簡単に「弥七さえ足止めすればいいんだからラクだろ?」とか言わないでくれ!

口で言うのは簡単だけど、少しはやる側の身になって考えろ!

城代家老にひとこと言ってやりたい気持ちもあったでしょうが、おそらく、苦労に見合う程度の労働報酬は提示されていたのでしょう。

概して、詳細を知らずに命じてくるヤツなど、どうせどんぶり勘定です。

当初は非現実的で話にならない廉価を提示してきますが、積算根拠をきっちり出すと抽象的な反論しかしてこなくなるので、あとはジリジリと提供価格を上げ続け、相手が言わない予算権限ギリギリのラインを探りつつ、今後の取引の参考にし……

玄竜は甘んじて計画遂行に邁進するのみです。

とにかく玄竜という奴は、難易度の高い仕事を、部下を使い、段取りを整えて実行できる優秀な男だったことに疑いはありません。

「サイズ パワー リーダーシップ 経験…
あらゆる面で 玄竜が上回っている…!!
やはり奴はベストだ!!」

田岡茂一.PNG
(スラムダンク 海南大付属戦観戦中の綾南高校バスケ部監督 田岡茂一 談)
posted by 四緑文鳥 at 07:24| Comment(0) | 妥当!水戸のおせっかいジジイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください