2020年04月16日

第2稿 助さん格さんには牧、弥七には神をマークにつけたかった

逆撃シリーズの著者・柘植久慶さんに書いてほしい『逆撃 水戸黄門第5部』について、勝手な想像を進めていきます。

(詳しくは『水戸黄門史上、最も空気の読めなかった男とは?(1)』参照)

『スラムダンク』海南大付属高校戦のヤマ場のことです。
尻上がりに調子を上げ、今や最高潮の海南キャプテン・牧伸一を、全員で止める指示を出した安西監督。

しかし、桜木花道にだけは3ポイントシューター・神宗一郎をマークさせ、敵の遊撃戦力を封じ込める作戦に出ました。

これと同様に、水戸黄門で老公一行と戦う場合、助さん格さんを牢に閉じ込めても、弥七をフリーにしていたら玄竜に勝ち目はない。


トイレで同じクラスのJKといっしょに閉じ込められたけど質問ある?

(そのへんに弥七いない?)


だから玄竜は、老公爆殺そのものは部下に任せて、自身は弥七との対決に赴いたのです。

ここが苦しいところでした。

「敵の遊撃戦力に当方の主力を当てる」というのが、戦いの法則に反した無理な展開であることは否めない。

海南大付属高校と湘北高校の試合になぞらえるなら「牧と神の役割が入れ替わった状態」と考えるとわかり易いでしょう。

湘北高校サイドは、桜木以外の4人はいずれもバスケ経験者で、正統的な高いスキルを持っています。

その4人が主力の牧をガッチリと押さえ、「初心者の桜木」は「遊撃戦力の神」に立ち向かったから、運動能力の高さで何とか渡り合えた。

これが、牧と神の役割が逆だった場合どうなるか。
神奈川ナンバーワンプレイヤーで3ポイントの名手・牧に、初心者の桜木を当てて、遊撃戦力を防ぎ得るか?
これは荷が重いと言えるでしょう。マークを振りほどかれて連発を喰らいそうです。

もし牧がシューターだったとしても、やはりこの勝負どころでは、牧には主力4人を当てるとします。
が、その場合、インサイドに切り込んでゲームをコントロールする神に桜木をぶつけるのが良いか?

悩ましいところです。
インサイドとアウトサイド双方に爆弾を抱えていて、どっちがどう動いても、とても落ち着いて見ていられる展開にはならないでしょう。
ブル.PNG

玄竜は、弥七と渡り合えるのは自分しかいないと判断し、主力の自分が遊撃戦力の弥七のところへ赴く判断を下した。
それしかなかったし、事実彼は見事に狙い通りの結果を出しました。

しかし、それによって主力の質が落ちてしまい、まんまと老公に出し抜かれて最終決戦に持ち込まれてしまったのです。

逆撃シリーズの主人公・御厨太郎なら、当然ここを修正して、敵主力である老公一行と玄竜が対峙する局面を作ろうとするのではないかと思うのです。
posted by 四緑文鳥 at 14:23| Comment(0) | 妥当!水戸のおせっかいジジイ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください