2020年04月08日

②ハリセン代わりのアイスラッガー

ウルトラマンの八つ裂き光輪は、別名「ウルトラスラッシュ」と呼ばれています。
なぜわざわざ英語でいい直すのか、理由は定かではありません。


〈価格〉【・ 】 CCP 1/6特撮シリーズ ウルトラマン ウルトラスラッシュ (八つ裂き光輪) 2.0Ver. (「ウルトラマン」より)


それなら、スペシウム光線は「スペシウムビーム」や「スペシウムフラッシュ」とかいうのか?
少なくとも私はこれまで、そんな表現に出会ったことはない。

八つ裂き光輪はたしかに「切る技」なので「スラッシュ」という言い方は相応しいと思います。
だから彼も、自信を持って英語の名前を付けたのでしょうか。

私はウルトラ戦闘の効率(4)で、ウルトラの光線はリーチの長い物理攻撃ではないかと書いたことがありますが、どうやら「スペシウムフラッシュ ( -`д-´)キリッ)」と言っていないところを見ると、スペシウム光線が多少怪しく見えてきます。

ウルトラ戦闘の効率(4): データベースのトリセツ(絶対的番外編)
とはいえ、たしか小学生の頃に「八つ裂き光輪はスペシウム光線の形を変えたもの」と書いてある本を読んだことがあります(決定版ウルトラ兄弟だったかなぁ?)ので、材質はともかく八つ裂き光輪は、切削用に加工された使い切りの用具であることは確かなようです。

「使い切り」では衛生面はともかく、コストパフォーマンスが悪いからだったのでしょうが、株式会社M78の二代目支店長・ウルトラセブンは、♪包丁一本頭にさして、新しい勤務地にやってきました。

第1話では、出会い頭にクール星人をズバッと斬り、「ボケが成立してから突っ込めよ!」と楽屋で叱られる駆け出し時代を経験します。

大怪獣シリーズ 「クール星人」 少年リック限定再販


第2話では、150メートルもあるワイアール星人を「デカすぎだろ!」と突っ込んで3つに切り分けます。

緑の恐怖


第3話ではエレキングに対し、不必要と思われるほど執拗な切断を行って、尻尾や触覚を次々に切り落としたすえ、首まで落とす仕打ちでした。
これは、打ち合わせでは尻尾で拘束されるだけと聞いていたのに、本番で電気ビリビリが加わっていたため、大竹さん セブンはディレクターへの怒りを、指示通りにやっただけのエレキングにぶつけてしまったためと考えられます。

2018年5月28日放送


このように当初から連発する得意技で、とにかく、包丁のように手に持つことなく飛ばして斬ることができ、斬った後は頭の定位置に返ってくる、便利で恐ろしいアイテム「アイスラッガー」。

「血とかついてんじゃねえ!? 大丈夫なのかそれ!?」と、大竹さんなら大騒ぎするであろう『怪獣を切断したアイテム』を、拭きもせず頭に再装着するセブン。

ズンズン伸びる北品川


彼が潔癖症ではないことは、この事実だけでも明らかでしょう。
次回に続く

posted by 四緑文鳥 at 19:28| Comment(0) | セブン支店長の腕前を考察する | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください