2019年12月24日

ウルトラ戦闘の効率(5)

前回は、柳田理科雄さんのシャープな論旨展開とは比較にならぬ四緑文鳥の駄論を展開し、「ウルトラ一族の光線は『リーチの長い打撃』だという こじつけ 仮説を立てました。

たとえどんなに小さくとも、一か所でも風穴が開いたならすかさず こじつけ こじ開け、突入して自説を展開するのが私の「データベースのトリセツ~番外編」の流儀。

それでは本論に入っていきましょう。

株式会社M78・地球支店を訪れる怪獣たちの多くは、「光線技」というものは使わない印象があります。
使ったとしても、ゴジラの放射能火炎のようなエフェクトだったりして、あまり光線感が無い気がします。

イカルス星人のアロー光線のように、ウルトラ一族の光線とよく似たタイプの技を使う者もいますが、ウルトラ側の出す光線が「リーチの長い打撃」である以上、怪獣側のそれにも例外は認められず、やはり一般的な物理攻撃にすぎません。

怪しい隣人


私の知る中での唯一の光線技は、ウルトラマンに登場したザラガスで、こいつは光った瞬間に相手にダメージを与える正真正銘の『光線技』だった気がします。


posted by 四緑文鳥 at 19:09| Comment(0) | ウルトラ戦闘の効率 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。