2020年04月05日

①「技」と「スキル」はどう違うのか?

「ウルトラ戦闘の効率」の記事を書いていて思いました。

ウルトラ戦闘の効率(1): データベースのトリセツ(絶対的番外編)
彼らは多彩な技を持っている。
しかし、「使い方のテクニック」はどうだろうか?

いや待てよ?
そもそも「技」「テクニック」って、それぞれどんな意味だ?

「スキル」は何となく「技」と同義な気がする。というか、どちらも名詞をイメージする。

一方「テクニック」という言葉には、動きを感じる。
上手に動く人を「テクニシャン」というからだろうか?

動いたときの速度や精度の高さを表すのが「スキル」

そして「技」は速度と精度を実現化する、特定の事象


そんなイメージですが、どうも曖昧です。
だから試みに調べてみました。
そんなマジに知りたいわけじゃないので、手っ取り早くGoogle先生に訊いてみた。

すると、私のイメージは違っていた。
技:技術、手法、テクニック、技法、方法、技(ww)
テクニック:技巧、技術、技法
スキル:教養や訓練を通して獲得した能力


これによれば、「技」と「テクニック」はどっちもどっちといった感じで、お茶を濁された印象なのに対し「スキル」には人間性や実力を感じます

技やテクニックしか持たない人に比べて、スキルを持つ人は、習慣や努力によって裏打ちされた『頼りになる人』という気がしてきます

これといったフィニッシュ・ホールドを持たなかった、ヘビー級転向後の藤波辰爾は、パッとしない「雪崩式ブレーンバスター」ぐらいしか目立たなかったが、安定性のある綺麗な試合運びができるアーティストだった。

藤波辰巳 プロ・レスリング・アルバム 23 ザッツ・レスラーVol,9 改訂版 行け!飛竜の10番勝負 Never Give Upだ 


デビュー直後の高田延彦とタッグを組んだ戦いでは「いいところまで相手を料理して高田にタッチ」という、指導に気を配っている様子が伝わってきました。
当時中学生だった私にもわかる美しい試合運びが、いまだに記憶に新しい。

当時30歳の藤波選手でさえ、あれだけレベルの高い試合運びが可能な「スキル」を持っていた。
2万年もの歳月を生きてきたウルトラマンは、さぞかしスキルが高いことでしょう。

彼の弟分のひとりであるウルトラセブンでも1万7千歳。
3千年の開きがあるとはいえ、経てきた時間を考慮すれば、技がイマイチでもスキルは充分。
戦い方は上手なはずです。

しかも、ほとんどの技が手からしか出せなかったウルトラマンに対し、セブンにはビームランプがある。

それに、今までの概念を破った「切る物体」であるアイスラッガーを頭に装着している。

ウルトラセブン Blu-ray BOX I


多彩な技を持つ彼は、タイガーマスク並みに私を楽しませてくれました。
「技のデパート」「12種類のスープレックス」「七色の変化球」など、魅せる男は一味違う。

2作目で出て来るとは思えないほど大盤振る舞いな技を持つウルトラセブン・・いや、このブログでいうところの「株式会社M78・地球支店の2代目支店長」の技とスキルについて、少し考えてみたいと思います。
(ホントにセブン好きな私)
posted by 四緑文鳥 at 05:52| Comment(0) | セブン支店長の腕前を考察する | 更新情報をチェックする